儲ける仕組みって何?

株を知ったところで、どうやったら株で儲かるのかを説明しますね。
「いやぁ〜株で儲かっちゃったよ」なんて会話聞いたことありませんか?
そもそも株って儲かるものなの??なんて思っている人、少なくないはずです。
それでは株の儲け方を説明。

まず1つはキャピタル・ゲインと言われる儲け方。
この仕組みは、買った株が買った時以上の価値になった時。
その時に持ち株を売れば、値上がり分だけのお金が戻ってくるという仕組みです。
これが株で儲ける基本であり、多くの投資家はこの値上がりを期待しているわけなんですね。

そしてもう1つの儲け方はインカム・ゲインというもの。
株主は会社の利益の一部が還元されます。
ただこの儲けはとても少ないです。
キャピタル・ゲインが50%の利益があるとすれば、インカム・ゲインは2〜3%程度の儲け額だと考えていてください。

そして最後にボーナス的な意味合いで株主優待というものがあります。
これはキャピタル・ゲインと似てるシステムで、会社の利益が上がると株主の会社の製品や割引券などがもらえます。
全ての会社が株主優待はしませんが、こういうことをする企業もあるということです。

よく株主総会という大きなホテルでやる飲み会など見た事ありませんか?
社長が感謝の気持ちを株主に対して挨拶し、軽い食事やお酒を飲むという場所。
あれこそまさに会社と投資家(株主)の関係性ではないでしょうかね。

株価とは株をご説明